英語力も持っておくと有利!

エンジニアを始めとするIT業界では技術の移り変わるスピードが速いです。
場合によっては、半年や1年で新しい技術が生まれることも珍しくありません。
そのため技術の進歩に関しては、常に敏感である必要があります。

IT系の技術に関する情報は国内から収集するだけでなく、海外から収集するのも効果的な方法です。
海外からの情報は、まだ日本に浸透していない可能性があるため、技術の先取りを行えるというメリットもあります。
このメリットを得るためには、英語力が求められます。
具体的には、英語で書かれた記事や、SNSの投稿を読める程度に英語を学んでおくと、便利でしょう。

フリーランスとして海外も視野に入れた活動を行うのであれば、英語に関するリーディング能力やライティング能力も求められます。
特に会話を行う上ではリーディング能力が欠かせません。
何を話しているかを理解できる程度に英語を身に付けておくのがオススメです。英語を話す能力としては、単語やジェスチャーで伝えられるので、必須ではありません。
しかし、英語を話す能力も一定のレベルに達しておくことで、英会話によるストレスが少なくなるでしょう。

この職種で積極的に英語を使っていきたいのであれば、拠点を海外に変えてみるのも良い方法と言えます。
日本とは違った環境で働くことによって、日本と海外でのエンジニアに関する考え方や働き方を学ぶことができます。
海外で学んだことを日本に持ち帰って、その技術を伝える役割を担ってみるのも良い働き方でしょう。